おやこ

水いぼ治療法(イソジンvs自然治癒)

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

やっと我が子の水いぼが完治したので、ここで水いぼの自宅治療法などのまとめをしておこうかと。

ちなみに1人めは皮膚科でつぶし、
2人目は自然治癒で水いぼを治しました。

 

水いぼ 治療

 

水いぼ1人目:皮膚科で潰す

まず1人目の時は、通っている幼稚園が

「水いぼがある場合プール禁止」

になるので、皮膚科に行って治療しました。

も、手っ取り早く、その場で水いぼを潰す!ってやつです。

水いぼの数も数個だったので、とっとと潰しちゃってください!ってことで潰してもらいました。

 

水いぼをイソジンで直すという自宅治療について

ちなみに、水いぼを発見した時、皮膚科に行くのも面倒だなあ・・と思って調べてみたら
「水いぼにイソジンを塗ってつぶす」
というやり方を見つけました。

イソジンといってもうがい薬のイソジンじゃなくて、塗り薬の方。
ドラッグストアに行けば、イソジン傷薬とかイソジン軟膏ってのが売ってます。

それを水いぼに塗って絆創膏で覆っておくそうなのですが、
後から皮膚科の先生に聞いたら

「水いぼにイソジン塗るの、絶対にやめておいた方がいい」

と言われました∑(゚◇゚///)

というのも、イソジンは殺菌消毒薬。
水いぼと同時に周りのお肌も攻撃してしまいます。

万が一それで皮膚感作でイソジンアレルギー(ヨードアレルギー)になっちゃったらどうするの!?
ってことみたいです。

今後何かしら大きな怪我をした時など、手術の際には消毒としてイソジンが利用されます。
ほっときゃ治る水いぼを潰したいがために、
イソジンを使ってアレルギーになんかなってたら、もうイソジンが使えない。
ものすごく不便になるよ、と言われました。

なるほどなあ・・と思って、イソジンを使うのをやめて、
皮膚科でぷちゅっとその場で潰してもらいました^^;

パンツの中に隠れる分の水いぼは放置で、
あくまでプールで人と触れそうな部分の水いぼだけ潰してもらいました。

 

水いぼ2人目:完全放置!

さて、1人目の水いぼが収束したかな~と思っていた冬に、
今度はその下の子が水いぼに!

前回皮膚科で
「水いぼは基本放置でいいよ」
と言われつつ、プールがあったので水いぼをつぶしてもらいましたが、
只今季節は冬で基本長袖。

しかもまだ幼稚園の入園前だしどうでもいっか、と放置してたら
ワサワサと増殖!!!
見るたび水いぼが増えて行く~((;゚Д゚));

これってもしかして

「ほっとけばいいって言ったけど、ここまで放置するなんて何考えてんの!!」

って怒られるパターン!?

と恐る恐る皮膚科へ・・

水いぼ放っておいたらこんなことになっちゃいましたが・・と見せると
「ふーん、まあ、引き続きそのまま放っておけばいいよ」
とのこと。

え。
このまま超増殖しても放っておいていいんですか!?
と再度聞いてみても、

ホッタラカシでok、痛い思いして潰さなくてもそのうち自然に治るし、自然に治るのが一番!

とのことでした。

夜とかバリバリ掻いてるんですけど・・と聞いても

「まあ、子供だし掻くなっていっても無理だよねえ~」

で話も終了。

うーーん、まあそういうなら、となんの治療もせずに帰りました。

その後も順調に水いぼが増え続け、恐ろしい状態になっていき、
3ヶ月後くらいたったら、ますます掻くように。

朝起きたら服が血だらけ!なんてことにΣ(゚Д゚;

ひょえ~~~と思ってたら、どうやらそれが治りかけの前兆だったみたいです。

水いぼが枯れてきて?カサブタみたいなのに変化し、だからより痒くなったみたい。

血だらけ日々が1週間くらいすぎたら、あれ?というくらい
何もなかったように水いぼがなくなりました。

水いぼで身体中ブツブツだらけだったのに、スッキリ爽やか。
元どおりのスルンとしたお腹に元どおり。

結局水いぼ登場から半年以上かかりましたが、
本当にホッタラカシにしておくだけで、あっさり解決しました。

 

ちなみに、皮膚科で潰した上の子はしつこくまだ2個、パンツに隠れる部分に水いぼ残ってますが、
放置して自然治癒した下の子の方は1個も残ってません。

なんなんでしょう・・自然が一番ってやつですかね?

 

ちなみにヨクイニンも一応処方してもらいました

が、皮膚科の先生は

「気休め。どうしてもというなら処方するけど?」

ってことでした^^;

 

なので、薬はもらって帰ったものの、結局飲まなかったです。

 

あわせて読みたい

子育てブログ

RETURN TOP