おやこ

NTとNIPT(新型血液検査)と絨毛検査:妊娠3ヵ月(妊娠9週目)

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

妊娠9週6日目の胎児

先日自転車こいで市役所にいって母子手帳と健診の無料券をゲットし、
今日から立派に堂々と?妊婦健診でございます。

 

つわりは・・あるようなないような、いや、あるって感じ。

酷くはないけど食後は気分が悪いのでさっさと吐きにいきます^^;

 

出血の方もほぼなくなりました。

 

超音波検診の様子ですが、USBに動画ファイルを入れてもらえるようになりました。

前回はVHSビデオテープでしたが・・時代が進んだなあ。

 

 

頭と胴体がハッキリと別れて、手足が2本ずつあるところまでわかるようになりました。

また超音波検診の間にもバタバタ動いている様子が見えました。
うーん、生きてますね!

 

で、先生から

「35歳以上の方には確認するようにしているんですが、羊水検査はどうされますか?」

と聞かれたので

「ハイ、今度、胎児ドッグと絨毛検査受けに行ってきます」

と回答。

「○×クリニック?」

「いえ、大阪です。」

「あ、ぷぅ先生のとこですか」

「そうです^^;」

「あそこは結構リスク高めに出すからねぇ・・まあ私も妊娠したとき行ったんだけどね(笑)」

「(笑)まあでも、1/100 でも 1/1000 でも確率である以上自分がその「1」になる可能性もあるわけで、
 やっぱり確定診断がいいのかなあと・・今の新型の血液検査も悩んだんですけどネ」

なんて会話をしてました^^

 

NIPT というんですか?
新型出生前診断ですが、簡単に血液検査だけでダウン症などの染色体異常が分かるってことですが、
これも陰性の場合は結構感度がいいみたいですが、陽性の場合は75%くらいの感度?で
結局また羊水検査なりを受けないと分かんないてことみたいです。

新型出生前診断も20万くらいかかるし、結果が出る3週間ほど待ってその後また羊水検査で20万?
でまた2週間ほど待つ・・なんてやっていたらドンドン妊娠週数が進んでしまいます。

 

そんなんだったら、最初から確定診断である絨毛検査でサクッと確認してしまった方が効率的なのかなあと。

 

一応、クリフム(ぷぅ先生のとこ)でも絨毛検査の前には胎児ドックを受けないといけないですが
そこで所見が何もなくても、絨毛検査お願いするかも? と思ってます。

私の年齢だけで既に確率高いしね・・

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP