おやこ

人工破膜であっという間に出産

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

37週3日なのに、結局今日産まれてしまいそうです。
まあ、37週過ぎたら一応正期産なんだけどね。

病院に戻り、そのままLDRへ。

ちなみにLDRとは陣痛分娩室(Labor Delivery Recovery)のことで、
陣痛・分娩・回復と、ずーっと同じ部屋で過ごせるようになっています。
(痛いっつーに!!!! となってからウロウロ移動しなくていいので楽です)

 

中部産婦人科さんではLDRが2部屋で、
今回私が入った方にはテレビがなかったので iPad をもらいまして、
昼ごはん食べながら痛くなるのを待っておりました。
(ちなみに iPad は入院中ずっと使えます)

 

途中で NST もやったのですが、
まあ、多少張ってきたかな?
と思うくらいでまだまだな感じ。

 

何より第2志望校からの書留郵便の方が気になる・・

 

最後の受験が終わって、旦那と子供には早く家に帰ってもらったら
何とすでに不在通知が入っているとのこと。

再配送じゃなくとっとと郵便局に取りに行け~とお願いし、
LINE で結果を聞いて、何とか一安心^^;となりました。

 

そしたらお腹の方も何だか張りが遠のいた感じ・・・

 

先生の診察で、

 

「このまま陣痛が来るのを待つか・・それか早める?」

 

と聞かれたので、このままダラダラ産まれるのを待つのも嫌だし、
じゃ、とっとと産みましょう! ということにしました。

よーは、人工破膜で破水を促して、出産を促進させるわけです。

 

「じゃ、旦那さんにも連絡しておいてね!」

 

え、そんな、もうすぐってな話なんすか?

一応連絡しまして、でもあんまりまだまだな感じだなーと思っていたのですが・・

 

破水させて、20分を過ぎたあたりから、あ、結構張ってきたかも、となってきて・・

30分過ぎたら痛くなってきたので深呼吸して逃しつつ・・

でも40分過ぎには、超痛いっちゅーねん!! ってな感じに。

 

助産婦さんに

「旦那さんまだ!? もう1回連絡する!?」

と言われてスマホを渡されたものの、
もう電話のアイコンを押すだけの余裕もない。

 

助産婦さんの診察では「まだ6cmだからもうちょっと頑張って!」と言われましたが
つーか、もうアカン。

マジで限界。

 

いや、ってか、なんかもー出そうなんですけど~~~

つーか、何かが出てきてる感があるんですけど~~~

 

で、バタバタバターーと人が集まって

「ハイ! いいよ!!」

と言われたので、ふぬーーーーーーーと2~3回踏ん張って
赤子が誕生致しました。

 

4時にダンナに連絡したものの、到着したのは5時過ぎ。

出産したのは5時2分で、ギリで間に合いませんでしたとさ ┐(´~`)┌
仕方ないから臍の緒も私が切ったよ!

 

で、助産婦さん曰く、

「臍の緒が首に2重巻になっていたから顔が青白いよ~」

だって。

うむ・・確かに・・

 

新生児 顔 青白い

 

まあ、臍の緒が首に巻きついているだけでは特に問題ないのですが
(私たちがマフラー巻いていても息苦しくないのと同じ?)
ただこの世に出てくるときにはどうしても臍の緒を引っ張る感じになるので息ができなくなると・・・

とりあえず、アプガースコアが9だったので、まあ大丈夫なんでしょう。

 

その日はそのまま新生児室で見てもらうのですが、
この赤子、寝てると息するのを忘れるらしく(汗)

しばらく保育器に入っていたらしい^^;

 

半日後にはもう大丈夫でしょう! となって母子同室スタートとなりました。

青白かった赤子も、今度は茹でタコみたいな・・

 

新生児 顔 青白い

 

ちなみに出生時体重3250g。

うーむ、朝のエコーで3193gと出てたのはかなり正確だったんだな!

 

私の方は、というと、さすがに4回目の出産、
しかも実質痛かったのは30分くらいってことでかなり平気な感じ。
(出産時は超絶に悶絶するくらい痛かったですが!)

といっても、もちろん大量出血中だし、
子宮の収縮痛は経産婦になればなるほど痛いらしく・・

しかも、お腹はもう1人いるんちゃう!? というくらいタップタプ(汗)

 

今日から赤子のお世話と、自分の体の締め付け(とりあえず骨盤を戻さねば!)スタートです。

 

 

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP