おやこ

生後3ヶ月

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

生後3ヶ月の赤ちゃんの一般基礎知識です。

-赤ちゃん 生後3ヶ月 Data-

生後3ヶ月の赤ちゃんの写真
大きさ
・男の子 身長:57.0~66.5cm、体重:5100~8000g
・女の子 身長:56.0~65.0cm、体重:4600~7400g
特徴
・体重は生まれた時の約2倍に
・首のすわる子がでてきます

 

生後 3ヶ月の赤ちゃんの体

生後3ヶ月頃には赤ちゃんも首がすわってくると同時に、手を動かすこともできるようになってきます。

よく赤ちゃんが自分の手を目の前に持ってきて、もにょもにょしたりする行動を「ハンドリガード」と呼びます。

赤ちゃんにとっては自分の体も未知のもの。
手ひとつをとっても、自分の体の一部であることを理解するまで、偶然動かせたり、口で吸ってみたりといろいろ試す過程で自らの意思で動かせると認識していきます。

この頃はまだ手だけですが、発達が進むにつれて腕全体から上半身と認識が進み、寝返り行動などへとつながっていきます。

生後3ヶ月検診(自治体によっては生後4ヶ月頃実施される場合も)が行われ、赤ちゃんの身長体重のほか、首のすわり具合、股関節の開き、目(追視)や耳(音のする方を向くか)の様子などがチェックされます。

 

生後3ヶ月の赤ちゃんの心の発達

生後3ヶ月の赤ちゃんは、あやすと笑ったり、動くものを見つめたりと、目や耳の機能もしっかり働くのに連動して、表現も豊かになってきます。

お腹がすいたとかオムツが濡れたとかだけだったのが、ママやパパに抱っこされている安心感やあやしてもらうことが大好きになって、ママにだけの特別な笑顔を見せてくれたりも。

同時に困った出来事も。

この頃よく悩むのが「たそがれ泣き(夕方泣き、3ヶ月コリック)」。

生後3ヶ月頃の赤ちゃん、しかも夕方頃になると決まってぐずりだしてしまいます。
ママはご飯の支度などちょうど忙しい時間帯。
イライラしてしまいますよね。

赤ちゃんの「たそがれ泣き」の原因ははっきりとはしていませんが、腸の働きによるものだとか、夕方の薄暗さで心配になるとか、ママが忙しそうなのでかまってほしくて等が考えられています。

これも赤ちゃんが無事に成長の段階を進んでいるのだと思い、できるだけ付き合ってあげましょう。
そのうち、自然と落ち着いていきます。

あわせて読みたい

  1. 原始反射

    2014/04/23

  2. 生後7ヶ月

    2014/04/23

  3. 生後4ヶ月

    2014/04/23

  4. 生後6ヶ月

    2014/04/23

  5. 生後1ヶ月

    2014/04/23

  6. 生理的早産

    2014/04/23

このカテゴリーの記事

RETURN TOP