おやこ

生後4ヶ月

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

生後4ヶ月の赤ちゃんの一般基礎知識です。

-赤ちゃん 生後4ヶ月 Data-

生後4ヶ月の赤ちゃんの写真
大きさ
・男の子 身長:59.0~68.5cm、体重:5600~8700g
・女の子 身長:58.0~67.0cm、体重:5100~8200g
特徴
・9割近くのあかちゃんは首がすわります
・そろそろ生活リズムができてきます

 

生後 4ヶ月の赤ちゃんの体

生後4ヶ月ごろの赤ちゃんは、手足をかなり活発に動かします。

でも、まだ寝返りは打てませんが、だからといってベッドやソファなど柵のないまま赤ちゃんを1人ぼっちにしないで。

寝返りができなくても、手や足をバタバタ動かしているうちに移動して落ちてしまうことも。

赤ちゃんの首や手足、背中の筋肉も発達してきます。

ひざの上に乗せて、赤ちゃんの胸のあたりを手で支えながら立たせると、喜んで足をピョンピョンさせたりも。
赤ちゃんが楽しそうであれば、積極的にいろいろ一緒に遊んでみましょう。

また、唾液腺が発達し、よだれが出るようになってきます。

赤ちゃんは唾液を飲み込めないため、ダラダラと垂れ流してしまいます。

洋服など気がついたらよだれでベッタリなんてこともありますから、よだれかけを使用したり、また、こまめに着替えさせたりしてあげて。
赤ちゃんのうちからきれいにすることが気持ちいいものだということを理解させてあげてください。

 

生後4ヶ月の赤ちゃんは好奇心がいっぱい

生後4ヶ月の赤ちゃんは視覚や聴覚も発達してきて、遠くのものを見つめたり、色の見分けもつくように。

手の運動が少しずつ協調できるようになり、音のするほうを向いて、おもちゃがそばにあると手を伸ばしてつかむといった動きもしたりします。

赤ちゃんは興味を持つと、何でもつかんだり、そして舐めたりして、その物体を理解しようとします。

まだまだ動けないからと赤ちゃんの近くに小さなものや危険なものを置いておかないで下さいね。

また天気のよい日は積極的にお散歩を。
外の空気に触れることで感覚が刺激されますし、昼間は明るいところで動くことで適度に疲れ、夜寝るという生活リズム作りにも役立ちます。

ただあまり長時間の散歩はしないように。
赤ちゃんが疲れ過ぎることが寝ぐずりの原因になることもあります。

あわせて読みたい

  1. 生後7ヶ月

    2014/04/23

  2. 生後3ヶ月

    2014/04/23

  3. 生後10ヶ月

    2014/04/23

  4. 生後9ヶ月

    2014/04/23

  5. 生後1ヶ月

    2014/04/23

  6. 生理的早産

    2014/04/23

このカテゴリーの記事

RETURN TOP