おやこ

生後5ヶ月

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

生後5ヶ月の赤ちゃんの一般基礎知識です。

-赤ちゃん 生後5ヶ月 Data-

生後5ヶ月の赤ちゃんの写真
大きさ
・男の子 身長:62.0~70.5cm、体重:6000~9100g
・女の子 身長:60.5~69.0cm、体重:5600~8700g
特徴
・早い赤ちゃんでは、寝返りをすることも
・手先が器用になって、なんでもがおもちゃになる時期

 

生後 5ヶ月の赤ちゃんの体

生後5ヶ月になると早い赤ちゃんでは寝返りをするようになりますが、月齢が進めば進むほど、運動発達にはかなり個人差が出てくるものです。

一般に、太った赤ちゃんよりもやせた赤ちゃんのほうが体が軽く、厚着よりも薄着のほうが動きやすくて、寝返りがしやすいものです。

よってそのときの季節によって服装は変わってきますが、動きやすい服装にしてあげた方が赤ちゃんも嬉しいかもしれませんね。

これまでママに持たせてもらっていたおもちゃも、自ら何でも手をだすように。
中には自分の髪の毛を引っ張って抜いてしまう赤ちゃんもいるくらい、何でもが興味のあるおもちゃになります。

これまで、丸々だった赤ちゃんも運動量が増えることにより、体重の増え方はゆっくりしたテンポになります。

また。身長が伸び、ややほっそりとした感じにみえるようになってきます。

赤ちゃんの様子をみながら離乳食を始めてもいいですね。

 

生後5ヶ月でそろそろ病気デビューをする赤ちゃんも

生後5ヶ月頃に赤ちゃんはママからもらった免疫が切れる時期でもあるため、かぜをひきやすくなったり、突発性発疹にかかることもあります。

ある程度の感染は仕方がないため、発熱時の対処方法などは小児科医によく聞いておいて、いざという時にあわてず、すみやかにケアをしてあげて。

熱があるときは基本的に水分補給をしてあげましょう。

母乳などは総合栄養食なので与えますが、母乳はあくまで母乳。
水分を欲しがりますので、イオン水など適宜飲ませましょう。

特に赤ちゃんは体が小さく、熱で脱水症状になりやすいです。

いざというときのため、イオン水などは準備しておくといいですね。

また、よく熱のあるときはたくさん着込んで汗をかいて治す!という方もおられますが、赤ちゃんは体力がないため、厚着をさせると逆に熱がこもって高熱になることも。
熱の上がり始めなどは少々あったかくしてあげて、熱が上がってしまったら過ごしやすい格好にしてあげて。

もともと赤ちゃんの体温は大人より少し高め。
よって、熱があるかどうかよりも、普段の様子と違うかどうかを見極めるのが大切です。

あわせて読みたい

  1. 生後10ヶ月

    2014/04/23

  2. 生後7ヶ月

    2014/04/23

  3. 愛着

    2014/04/23

  4. 生後6ヶ月

    2014/04/23

  5. 生後2ヶ月

    2014/04/23

このカテゴリーの記事

RETURN TOP