おやこ

生後11ヶ月

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

生後11ヶ月の赤ちゃんの一般基礎知識です。

-赤ちゃん 生後11ヶ月 Data-

生後11ヶ月の赤ちゃんの写真
大きさ
・男の子 身長:69.0~79.0cm、体重:7800~1130g
・女の子 身長:68.0~77.0cm、体重:7100~1050g
特徴
・「赤ちゃん」から「幼児」へ
・お友達を見ることも楽しい時期です

 

生後 11ヶ月の赤ちゃんの体

生後11ヶ月になると赤ちゃんの体重は出生時の約3倍に、身長は約1.5倍に近づいてきます。

でも、私たち大人でも大きい人、小さい人がいるように、赤ちゃんもそれぞれ個人差があります。

ただ、体重が多い赤ちゃんは、ママが注意してあげてくださいね。

まだ当然食事はママが準備している段階。
規則正しく、栄養バランスの取れた食生活にし、おやつなど食べ過ぎないようにこの頃から、しっかりと身に付けさせてあげましょう。

これまで単なるママの真似だったのが、意味がわかって「バイバイ」などをするようになってきます。

知的な発達と手指の発達がいっしょになり、電話を取る、財布の中身を出す、引出しを開けるなどの行動が多く見られるようになります。

 

生後11ヶ月でそろそろ「言い聞かせ」が効くように

赤ちゃんも体の動きが自由自在になって行動半径が広がり、指で物をつまむなどの動きも上手になると、イタズラも増えてきます。

赤ちゃんにとって、触ってよい物ダメな物の区別はつきません。
危ない物、大切な物はできるだけ片付け、ダメな場合はしっかりと禁止してください。

ママがやさしく、ニコニコ顔で「だめよ~」と言うのでは、赤ちゃんは逆に「これをおもちゃにするとママが喜ぶんだ」と勘違いしてしまいます。

ダメな時は「ダメ!」と怖い顔でキッパリ叱りましょう。

でも、何でもママが先回りして「あれもダメ、これもダメ」と禁止ばかりでは、赤ちゃんも自分で探検しようという意欲がなくなります。

ちょっとぶつけたり、すりむいたり位の怪我で済みそうな場合は、あえて見守るというのも一つの手。
何度か繰り返すうちに、赤ちゃんも「こうしたら痛いゾ」と理解していきます。

また、アイロンなどは、やけどしない程度、ちょっと熱い位の時に、ちらっと触らせて、赤ちゃんに危険であることを認識させるやり方もあります。

これから赤ちゃんはどんどん外の世界へ出て行きます。
その時に自分で考えて行動できるようにするためには、今のうちから、「自分でやってみる」を大切にしてあげてください。

あわせて読みたい

  1. 生後6ヶ月

    2014/04/23

  2. 生後4ヶ月

    2014/04/23

  3. 生後1ヶ月

    2014/04/23

  4. 生後2ヶ月

    2014/04/23

  5. 生後7ヶ月

    2014/04/23

  6. 生後9ヶ月

    2014/04/23

このカテゴリーの記事

RETURN TOP