おやこ

妊娠と仕事(会社にて)

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

マお仕事をしながらの妊娠

セイのときは何で妊娠したのか分からなかったし、信じられないという気持ちから安定期に入るまで会社には言いませんでした。

安定期に入るまでは流産もしやすいしね。

つまり、つわりの時期を人知れず耐えていたわけです。
食べつわりだったので食欲はあったため、ばれませんが、問題は吐き気。
トイレでこっそり、かつ、吐けるうちに吐くという毎日でした。

吐き気以外にも、長時間座っているだけでも結構しんどい。
10分でもいいから横になりたいと毎日毎日思いました。

どーにもこーにもしんどいときはタクシーで帰ることも。
(会社から家まで3000円いかないくらいだったし…)

つわりの時期がおさまると、ある程度耐えられる範囲になりましたが、しんどさにかわりはないので、とっとと仕事を済ませて1日ぴったり8時間勤務で帰る日々。

ありがたいことに私のしていた仕事はプログラミングが殆どだったので、よーは自分が早くやっちゃえば早く帰られるというわけです。

フレックスでもあったので朝早めに行って集中して仕事して早く帰る。
これで乗り切ったのでした。

あわせて読みたい

  1. 絵本の世界

    2014/06/25

  2. 産婦人科選び

    2014/06/25

このカテゴリーの記事

RETURN TOP