おやこ

おしゃぶり

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

おしゃぶり

おしゃぶりを使うことはいいのか、悪いのか。

まきのときは全く使わなかったので、おしゃぶりってどんなもんなのか、いいのか悪いのかよく分かりませんでした。

何故セイにはおしゃぶりかというと、寝ないのだ!
寝ないのはヤツの勝手だが、起きている間ずーっとぐずぐずしているので、抱っこの嵐。
腕はしびれるし、抱っこをし続けて2時間を越えたあたりからイライラして

「ぐずぐずゆうとらんと、えーかげん、はよ寝んかい!!」

と赤んぼ向かって怒鳴る日々。

3時間を越えるとイライラを通り越して完全にキレてくる。
セイを布団において「もー知らん」と無視したり…。

あんまりうるさいのでパパが哺乳瓶の乳首部分をほいっと口にいれたら、あら不思議。
ちゅっぱちゅっぱしながら、うとうとしているではないか!
ってことで、急いでおしゃぶりを用意しました。

ただ、おしゃぶりに対する私のイメージが良くないので、ネットで調べてみました。
どうもおしゃぶり肯定派と否定派とあるみたいで、肯定派の意見は、

  • 鼻呼吸となり喘息やアレルギーになりにくい
  • 口の周りの筋肉を使用するので、顔が引き締まる
  • 赤ちゃんの吸いたいという欲求を満足させる
  • 指しゃぶりよりはやめやすいし、歯並びにもよい…等々

で、否定派は、

  • 口に何でも入れることで確かめるという行為ができない
  • 言葉を発するのを阻害する
  • 歯並びが悪くなる
  • 母乳の場合、おしゃぶりより吸いにくいため嫌がるようになる…等々

でした。

どちらの意見もナルホドという感じなのですが、使わないことで私がイライラするよりも、適度に使用してお互いにすごしやすくする方がいいかも、と思い、乳や抱っこではどーにもならない時や夜、家事をやりたい時などに使うようにしました。

あわせて読みたい

  1. 絵本の世界

    2014/06/25

このカテゴリーの記事

RETURN TOP