おやこ

十月十日の意味とは:妊娠1ヶ月(妊娠3週目)

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

昔から妊娠して出産まで「十月十日」といいますよね。
さて、「十月十日」って一体何日なのでしょう?

1月1日に妊娠したら生まれるのが10月10日という意味じゃないですよ(^ ^;)

「十月十日」という言葉ができたのは結構昔。
昔ながらに出産予定日を予測した結果が「十月十日」だったんですねえ。

ん? 昔ってことは・・・?

そう、この「十月十日」は数え月なのです。
つまりいまでいう「9ヶ月と10日」を指しているんです。

1ヶ月が28日換算というのは今と同じ。

ってことで28日×9ヶ月+10日で「十月十日」は262日になります。

しかもスタート日は妊娠した日。つまりは受精日(排卵日)。

28日周期の場合前の生理開始日から14日後が排卵日なので、
今のカウントにあわせて生理開始日からの日数に直すと、
262日+14日=276日となります。

今のWHO指針の280日とかなり近い数字になりますよね。

昔ながらによく調査したものです。しかも語呂もいい(^ ^)

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP