おやこ

妊娠2ヶ月(妊娠7週目):出血が止まった!

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

茶色いおりものが続いていましたが、やっと止まったようです。
結局10日ほどかかりました。

まあ、最後の2日くらいは様子見って感じで一応休んで、
大丈夫そうだったので職場復帰もしてしまいました。

いくらなんでも、もう暇すぎて耐えられなかったというのもあるし、
有給休暇もそろそろ残りがないので会社へ行くことにしました。

もちろんちゃんと診断書を取ってきて病気休暇(無給)を申請してもよかったのですが、
有休が残っている間は有休でなんとかしとこうかと。
病気休暇をとったら給料もボーナスも欠勤分減るしね(^ ^;)

問題は家から会社までが結構遠いってこと。
電車乗り換え含め、出勤に1時間半かかります。

最寄駅から乗り換え駅までの電車はかなり混雑しているし、
10分程度のことなので座るのはあきらめますが・・・

乗換え駅から会社の最寄り駅までは電車で50分ほどかかるので、
ここはなんとしても座りたい。
っていうか、でないとまた出血してしまいそう。

なので、嫌だけどかばんに妊婦ストラップをつけることにしました。

1つは「初めてのたまごクラブ」の付録、もう1つは厚労省マタニティマークの入ったストラップ。

厚労省のやつは東京とかだったら駅で無料配布しているらしいけど、
関西にはありません。
仕方ないのでネットで注文して買いました(280円だったかな?)

マタニティロゼット☆キーホルダー(メール便送料無料)バッグ…
レビュー:16 件

【プチサイズ】安産お守り『マタニティマークプチ守』安産祈…
レビュー:197 件

マタニティマーク 可愛いハート型 携帯ストラップ≪着脱式≫妊…
レビュー:12 件

Baby coming soon マタニティマーク 可愛いハート型 花柄 カ…
レビュー:0 件

楽天ウェブサービスセンター

 

2つをかばんにつけましたが、もちろん妊婦ストラップがあるからといって
席を譲ってもらえるほど世間は甘くない。
おなかが大きくなって優先座席に前に立っていたって完全無視される世の中です。

ここは妊婦ストラップに気づいてもらって席を譲ってもらうなんていう
ずうずうしい甘い考えは捨てまして、
堂々と席を譲ってくれと自ら申し出る作戦です。
そこで妊娠中であることを証明するための妊婦ストラップです。

誰だって朝のラッシュ時、席に座りたいのは同じ。
みんな自分がかわいいのだから、私だって自分のことは自分で守るしかない。

ということで、優先座席付近の入り口から乗車しましたが、
予想通り席は埋まってましたので、適当に辺りをつけて、
健康そうなお姉さんに

「すみません、妊娠中で気分が悪いので席を譲ってもらえませんか」

と伝えました。

するとお姉さんは、じろりとこちらをにらみながら、
無言で席を立ちました。
かなり不服そうなオーラがただよっています(= =;)

まあ、でも優先座席に座っていたのだからそこはあきらめてください!

といいつつ、私だって、やっと座れたのに席を譲れといわれたらとっても嫌です。
しかも1時間近く乗っていないといけないのだから・・・

なので毎日こうやって席を譲ってくれと自分から言わなければならないのは辛い作業です。
かといって自ら席を譲ってくれる親切な人はそうそういないし、妊婦で1時間立ちっぱなしも辛い。

優先座席は空けておいて欲しいなあというのが本音です。

時差出勤を考えようかな・・・

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP