おやこ

妊娠3ヶ月(妊娠11週目):胎児ドッグ

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

もーこの数日、いろいろ調べたり考えたりしてます。

それもこれも胎児ちゃんに「頸部浮腫(NT)」が4mm見られたから。
知らないことばっかりで、まずは情報を集めないことには判断もつけられないです(- -;)

で、調べているうちにとあるホームページにたどり着きました。

そこは胎児ドッグや絨毛検査・羊水検査などの胎児診断を専門的にやっているっぽいクリニックで、
クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所」というところ。

大体、頸部浮腫って何よ?と思って調べている時に、
詳しく載っていたので読んでいたのですが、
よくよく見るとなんとこのクリニック、大阪じゃないですか!

こういう専門性の高い病院って大体関東ばっかりと思っていたので驚きでした。

あちこちブログを見てみると、
関西だけでなく東京とかからも新幹線や飛行機でこのクリニックに診察を受けにいっているとか。

ビックリです。

というのも、ホームページを見ていると「Dr.ぷぅ」と書いてあるんですよ。

クリフム ぷぅ 苗字

クリニックのホームページで医者が自分のことを「ぷぅ」って何よ!?
と初めはかなり不信に思ってたんです。

どうやらお医者様の「夫律子」さんは「夫(ぷ) 律子(りつこ)」らしい・・・
英語表記では「Ritsuko Kimata. Pooh」となってました。
とりあえず「Dr.ぷぅ」とは別にふざけて書いてあるわけじゃあなかったみたいですけど、
「Kimata」が本当の苗字??
よくわからないけど、まあいいや。

ま、とにかく胎児ドック(胎児スクリーニング)といえば「クリフム」?
結構有名っぽい。

羊水検査や絨毛検査では染色体異常が分かりますが、
それに由来しない様々な症状・異常については
胎児ドックで詳細にみてみないとわかんないことも多いです。
心臓に何かあれば生まれてすぐ検査・手術といった事前の心構えと準備もできるし。
胎児の間に可能な処置もあるだろうしね。
なので、胎児ドックも受けてみたいと思ったのです。

とにかく、もやもや悩むよりも行動あるのみ!
せっかく大阪にあるクリニックだし、これは行くしかない!

とりあえず診察してもらおうと電話してみました。

電話してみてたら予約でイッパイ。

たまたま3日後の午後1時半からが急なキャンセルが出たとかで
そこでお願いすることにしました。

以前の切迫流産のおかげで有休も残り少ないけど、
午後半休して行って来ます!
(会社からだと30分くらいだし)

とりあえずは1人で行こうと思っていたのですが、
診察のきっかけが頚部浮腫が4mmあることだと言うと、
「だんなさんも一緒に来られませんか?
 その後の検査については同意がないとできないものもありますし」
とのこと。

胎児ドック自体は別に同意は必要ないらしいけど、
できれば一緒に結果を見て、話を聞いてほしいとのこと。
その後絨毛検査や羊水検査をどうするかを考えて、
実施の場合は同意がいるみたい。

絨毛検査はまさに今の時期なので、胎児ドックの結果次第では一緒にその日にできるみたいで、
その方が手っ取り早いし、何度も行かなくて済むからというのもあるみたい。

でも、とりあえずは検査は平日。
(土日もやっているみたいですが、すでに予約が埋まってました)

お互いの仕事の都合と予約のあいている時間が合わず一緒に行くのは断念。
ダラダラ予約を先延ばしにすると、絨毛検査実施可能時期が過ぎてしまうし。
(絨毛検査は妊娠12週前後にしかできない)

まずは私だけで初期の胎児ドックに行ってきます!

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP