おやこ

妊娠3ヶ月(妊娠11週目):クリフムで初期の胎児ドック1

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

頚部浮腫が見つかってから何かと忙しい・・・
いろいろ考えたり、悩んだり、調べたり。

で、今日は早速クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所で初期の胎児ドックを受けてきました!

1時半の予約でしたが、実際に診察が始まったのは3時(- -;)

インターネットができるPCが待合室にあるし、
飲み物も自由に飲めるよう置いてあるとはいえ、
まさかこんなに待たされるとも思わず疲れました。

しかも、やっと診察開始となってからも、
何やら急に先生(看護師さん?)が呼ばれちゃって10分ほど出て行っちゃったり。
(どうも誰かの羊水検査か絨毛検査のタイミングに重なってしまった様子・・・
羊水検査も絨毛検査も胎児の位置や絨毛の位置、ママの膀胱の尿の量なんかで
これだ!というタイミングで実施するみたい)

まあ、そんなこんなでやっと夫律子先生がやってきて開始。

今まで病院で見ていた超音波画像と違って結構鮮明だし、
病院ではぱっと見て胎児の大きさ測ってお終いのところが、
今回はじっくり。

ママが見れるように置いてあるテレビの画面も大きい(40型くらい? しかもAQUOS世界の亀山モデル)ので胎児の様子がよく見えました。

心臓やら腎臓やらを確認するのにちょっと赤ちゃんの位置が悪いとき、
「ちょっとお腹ポンポンするね」
とポコポコと軽く押すと、お腹の中で
「なんやねん~」といった感じで赤ちゃんがクルンと動いたり
足を伸ばしたりしている様子も見れて、
あ、もうちゃんと生きているんだ~としみじみ。

で、初めて4D画像を見ました!
動画じゃなく写真で貰ったので3Dになっちゃいますけどね。

妊娠3ヶ月 妊娠11週目 3D 4D 超音波写真

リアルでビックリ。

クリフムでは、USBメモリを持っていけば
その時のエコー写真をUSBメモリに入れてもらえます。
これはうれしい。
いちいちスキャナで取り込まなくてもいいし、
心臓のカラードップラーエコーだと動画で保存されてたりしましたので、
家に帰ってからもじっくり楽しめました♪

 

 

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP