おやこ

妊娠5ヶ月(妊娠19週目):通勤電車と優先座席

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

妊娠も中期になると、段々目新しいこともなくなってきますね~

マタニティストラップをつけずとも、もうお腹も大分と目立つようになってきたと思うのですが、相変わらず電車で席は譲ってもらえません。
ま、想定していたことです。

通勤電車なんて容赦なくグイグイ押してくるし、電車から降りたら急いで乗り換えホームまで走る人に突き飛ばされそうになるしで、前にいる人が妊婦だろうがなんだろうが知ったこっちゃないといった感じです。

毎日会社に通っていて妊娠後、向こうから自発的に席を譲ってくれたのは3回だけ。
後は完全無視されてます。

無視100%なのがスーツ着ているサラリーマン(年齢問わず)と、化粧しっかりのキャリアウーマン。 といっても、なんせ譲ってもらえたのが3回ですから、全然検討にもなりませんが、とりあえずスーツ着ている人は全然ダメですね。
「俺は疲れているんだ」オーラが出ていて、優先座席に座っていても全く回りのことなんか気にしてない感じです。

あと、学生さんで、優先座席にしっかり座ってテスト勉強なのかノートを真剣に見ているのですが、その内容が医療・福祉関係だったりすると、おいおいって思っちゃいますね。

中学生くらいが友達とゲームボーイしながら、これまた優先座席で対戦していたりするのを見ると「最近の若者は・・・」なんて年寄りくさい台詞を言いたくなってしまいます。

通勤電車には優先座席じゃなくて有料座席が欲しいくらいです。
あまり高いのも嫌ですが、片道100円くらいなら有料券買いますよ~

だって電車に座れる可能性を上げるために、今は家を10分早く出て、
電車を2本(普通電車も入れたら4本)見逃してから電車に乗っているんですから!
(それだけ見逃すと列の1番に並べるから座れる可能性がUPするのです)

それでも座れない時は座れないですけどね。
みんな座席をゲットするために、すばやい動きで席に座りますから・・・
妊婦はすばやさに劣るので、ある程度席に余裕がないと負けちゃいます。

座れないときは「カロリー消費のため立つべし(- -;)」と精神統一して頑張って立ってます。
でないと、「ここは優先座席だってばよっ!!!(怒)」と、心の中で悪態をついてしまいそうなのです。

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP