おやこ

妊娠8ヶ月(妊娠28週目):逆子の治し方

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

逆子の治し方

この間の妊婦検診の際にはちゃんと赤ちゃんの頭が下になっていたので安心して、
寝る時も気にせず右に左にと好きに横向いて寝ていたのですが・・・

ある時にお腹の中でぐるんと動いた感触がしたなと思ったら、
案の定、赤ちゃんの足が下(逆子)になってしまいました(- -;)

まあ、まだ8ヶ月なのでそれ程気にしなくてもいいとは思うのですが、
万が一このまま逆子のままで帝王切開確定になんてなったら・・・
と思うと早く通常の位置に戻したいものです。

赤ちゃんがお腹の中で頭が上か下かは胎動で判断するしかないです。
(検診に行けばエコーで当然わかりますけど)

この頃になると胎動も大分とはっきりしてきて、
大体ドコドコ動いているというか、蹴られている方に足があります。

もちろん動くのは足だけじゃないので、上方向も胎動は感じますが、
比べてよく動く方・胎動を強く感じる方に赤ちゃんの足があるはずです。

私の場合、どうやらお腹の下のほうで、
左から右に向かってドゴッと押されている感じがあったので、
左側に背中で右側向きに丸まって、で、足が下になっていると思ったのです。

そこで、寝る時には右を下にすることに。

赤ちゃんは基本的に丸まってますので、
上手くいけばそのまま右下にある足からくるりんと回転して、
右側に背中がきて、最後に頭が右下で左向きになるというわけです。

とりあえずまずは仰向けで胎児の位置を確認。

うん、やっぱり足が下になっていそう。

で、仰向けのまま膝を立ててお腹にゆとりを作ってから、
パタンと右を下にして横向きになりました。

まだお腹の中もゆとりがあるのか、一発でお腹の中でぐ~と動いている感触が!

そのまま右を下にしたまま寝たら、次の日には逆子が治った感じ。

お腹の上の方で胎動を良く感じるようになったので(^ ^;) 多分大丈夫でしょう。

まあ、またなんかの弾みで回転しちゃって逆子になるかもしれないけどね。

逆子を治すには、逆子体操とか、足のあるツボがいいとか、お灸をすえるといいとか、
お腹にドライヤーをあてるとかとか、まあ民間療法?はいろいろネットに転がっています。

単純な方法としては、うつぶせで膝をついてお尻を上に上げた格好から、
(これでお腹にゆとりができて動きやすくなる)
赤ん坊が左にいるなら右に、右に居るなら左に、その格好から直接横向きに寝るとか。

あとは病院の先生がお腹の上からぐっと押しながら強引に赤ん坊を回転させる方法も。
(自分でやっちゃだめよ~)

ただなんだかんだで殆どの場合は逆子は出産前までに治るそうです。
基本的に頭が一番重いので重力に従って下に行くと。

といっても、動くスペースが少なくなってくると逆子のままとなってしまいます。
逆子のままでも自然分娩可能な場合もあるし、
ダメでも帝王切開で無事生まれれば問題ないんですけど。

帝王切開って陣痛を乗り切らなくてよい分楽と思われがちですが、
実際はそれはそれでしんどいらしいですよ。

なんせ、手術前後2日間ほど食べられないし(この空腹が何より辛いという方も)、
術後は動けないし、点滴は刺しっぱなしになるし、
傷が治るまでお腹のたるみの矯正もしにくいし(^ ^;)

自然分娩の場合は、産んでしまえば楽なもんで(オマタはしばらく痛いですが)
動けるし、直後からお腹をへこますための矯正下着も順次着用できます。

まあ、陣痛の末生まれずに結局帝王切開なんてパターンもあるでしょうが・・・

何はともあれ、とりあえずは自然分娩を目指したいところです。

ところで赤ん坊ってお腹の中で何考えて過ごしているんでしょうねぇ

もう脳もできているだろうからきっと考える力もあるだろうと思うのですが、
裸のまま(当たり前ですけど)、暗くて狭いお腹の中で(昼間は多少は明るいのだろうか・・・?)、
何か食べるわけでもなく、するわけでもなく、景色が変わるわけでもなく、
たまに手足を動かしては数時間毎に寝る日々でヒマじゃないんでしょうかね。

今自分が10ヶ月どころか3日でも洞窟に閉じ込められたら気がふれそうですけどね~

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP