おやこ

新生児期:エンジェルスマイル(生理的微笑)

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

原始反射によって赤ちゃんも最低限の行動はできますが、
でも、やっぱりお世話してくれる人の存在がないと
赤ちゃんは生きていけません。

産まれたばかりの赤ちゃんを眺めていて、
「ニコッ(ニヤッ?)」と笑うところを見たことはありませんか?

寝ながら「ニコッ(ニヤッ?)」としていたり、
泣いていたかと思ったら「ニコッ(ニヤッ?)」としたり?

これは「エンジェルスマイル」といって、赤ちゃんの自衛手段と言われています。

つまり、どうせならお世話してくれる人にできるだけ可愛がって欲しいという本能から笑っているのです。

赤ちゃんがニコッと笑うところを見たらどうですか?

「あ、今笑ったよ!!」

「可愛い(>▽<)」

「ママって分かるのかも!!」

なあんて、嬉しくなっちゃいませんか?

そうして、その「エンジェルスマイル」を見た親は、赤ちゃんを抱っこしたりとかわいがってしまうのです。

実際は笑っているわけじゃなくて、ただの顔の筋肉の収縮なんですけどね・・・

ま、そんな味気ないことは言わず
「ママに向かって笑ってくれた!」
と素直に喜んでいるのが一番です(^ ^)

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP