おやこ

生後3ヶ月:喃語

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

喃語(なんご)とは赤ちゃんがしゃべっている、でも意味は全くない声のこと。
言葉を獲得する前の、声を出す練習みたいなものです。

大体2ヶ月頃から「あ~あ」「あむ~」など、母音を中心とした喃語を発するようになり、
その後生後5ヶ月頃になると「ばぶばぶ」みたいに子音を含んだ喃語が始まります。

言葉の意味はないですが、
赤ちゃんがごきげんなときに喃語はでやすく、活発になります。

ママは赤ちゃんの喃語にあわせて反応してあげることで、
赤ちゃんは少しずつコミュニケーションすることの楽しさを覚えていきます。

「あうあう」では何を言っているのかサッパリですが(^ ^;)
お話しする楽しさを知ってもらうためにも、
ぜひ喃語に合わせて返答していきましょうね。

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP