おやこ

産後(入院中):おっぱいに苦労

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

病院では、おっぱいを飲ませる前に赤ちゃんの体重計測、
飲み終わったら再度体重を測って、全然飲めていなければ20~40ccくらいミルクを足します。

まあ、産み落としたばかりで、おっぱいもいきなり出ませんし。
出産後2~3日たって、やっと少しずつおっぱいが分泌されるといったところです。

ただ私の場合・・・
出産前からじんわり出ていたのもあって、
実はおっぱい自体は結構張ってきているのです。

でも、いくら赤ちゃんに乳首をくわえさせても一向に飲んでいる気配がない(- -;)
モグモグはしているけど、吸っていないというか・・・

そのうち、乳首は切れるし(吸わせると痛い(T T)

ある日の看護婦さんが見てくれて、
「おっぱい出ているよね~ 赤ちゃんにしっかり深く吸わせれば・・・」
と、ホイッと赤ん坊の頭をつかんでパックリと乳首に(半ば強引に)吸い付かせてくれました。

すると、その時の体重増加(授乳量)は30gほど。

な~んと、どうやら赤ん坊の吸い方が浅かった(下手だった?)のが原因みたいです。

「上手く飲めていないときでも、こうやっておっぱい絞って哺乳瓶であげてみて、
 ミルクは足さずに頑張ってみて! ミルク作るの面倒だし、絶対その方がいいよ!」

といろいろアドバイス頂きました。

それから何とか頑張ってみるものの、
どーも上手く吸ってくれない・・・

他の看護婦さんも手伝ってくれることがあるのですが、
あの教えてくれた看護婦さん以外の人では、
手伝ってもらっても上手く吸い付かないことも多くて
時間ばっかりかかって大変。

まさか、おっぱいにこんなに苦労するとは思ってませんでした・・・

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP