おやこ

出産の流れ:分娩第1期(開口期)

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

まさか検診に来てそのまま入院させられるとは思いもしませんでしたし、
何よりまだ心の準備もできてません。

とはいえ、生まれそうなのを止めることもできないだろうし、
諦めるしかない・・・

出産予定日にはまだ2週間ほどあります。
正直、もう少し1人の時間を堪能したかった・・・

とりあえず、夫の母に事の次第を連絡して入院セットを持ってきてもらいました。
(私の実家は遠方なので)

夫にもメールで連絡しましたが
「なるべく早く帰ります」
という、何とも薄情な返答。

午後休で帰ってこんかい!! と思いましたが、
いつ頃産まれるかは、陣痛 or 破水がいつ来るか次第。

ってことで、出産予定時間は天のみが知るところなので強くも言えず・・・

さて分娩室に通され、どうやら出産までこの部屋で過ごすようです。

分娩室と言っても結構普通に大きな部屋で、
ソファやテレビにトイレもあって、
ベッドもセミダブルくらいのリクライニング機能付きの大き目のベッド。
(でも防水加工はされてそう)

そのベッドに横になって分娩監視装置(赤ちゃんの心拍数・胎動・子宮収縮を調べる装置)を付けられました。

モニターを見てみると、むむむ・・・確かに定期的に子宮が収縮していそう。

感覚的には、まあ言われてみれば何か感じるかもな位で
特に痛くもなければ、本当に今日出産なの?と未だに信じられないくらい。

しばらくチェックしたところで分娩監視装置は一旦外されまして。

お昼ごはんが出てきたので、もう体重も気にせずペロリと平らげ(汗)
テレビを見ながら再びベッドでゴロゴロしてました。

助産婦さんに
「今日は便でた? 座薬要る?」
と聞かれたので
「3日溜め込んでいるのでお願いします!」

だってお腹スッキリ状態で出産に臨みたいし
多分産後はオマタも痛くてそれどころじゃないだろうし、
出せる物は今のうちに出してしまいたい!!

座薬を入れてもらって、溜め込んでしまっていた物も排出(- -)
よかった、よかった。

その後、再び分娩監視装置にてチェック。

う~ん、数値を見る限り大分と張りが強くなってきたかも・・・
さっきまで張っているときで20~30位の数値だったのが
50を超えだしてます。

つーか、確かにお腹が張ってきた気がする(- -|||)

そのうち点滴ライン確保のため点滴針を打たれ、
あまり身動き取れなくなってしまいました。

3時近くになって、体感的にもお腹が張ってると
バッチリ分かるくらいになってきた時、先生の内診。

「あ~破水しているね・・・ちょっと仰向けになって」

と言われあお向けになって、なにやら防水シーツのような物を敷かれ
再び内診・・・で、生暖かいものがドバッと流れ出た感じが。

どうやら私が横向きのまま、ずっとぼんやり寝たままだったので
あまり流れてきていなかったのが一気に破水。

「これで大分と進むと思うよ」

と先生が言い残したと思ったら、
おっしゃるとおり、
その直後から猛烈に強い張りが来るようになってしまいました。

う・・・これはヤバイ・・・再び夫にメール。

そしたら
「今から帰るので少々お待ち下さい」
とのこと。

くそ。
フレックス終了時間(15時)で帰るつもりだったのか。
会社からここまで1時間以上かかるっつーのに。
なんつーやつだ。

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP