おやこ

クリフムで初期胎児ドッグ 絨毛検査:妊娠4ヵ月(妊娠12週目):

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

クリフム 初期胎児ドッグ 絨毛検査


さて、前回からの続き。
(前回:クリフムで初期胎児ドッグ 単一臍帯動脈だって!

 

元々10時15分の予約で、診察始まったのが12時頃。

胎児ドッグの結果の解説や遺伝子カウンセリング受けてたら既に昼1時過ぎ。

 

んで、予定い通り絨毛検査を受けることになりまして、受付で同意書記入。
(ある意味堂々と、待合室の受付カウンターで同意書書き込むようです^^;
 まあ、次から次へとみんな同意書書いてるんで特別感はあんまりない・・)

 

そして絨毛検査ができるかどうか血液検査があるらしく再び待ち。

 

血液採取して5分後くらいに「問題ないんで絨毛検査okです」ってことで、この時すでに2時過ぎ・・

 

「午前の診察が終わってからなので、今のうちにお昼行ってもらって大丈夫ですよー」

とのことですが、まだ午前中の人、終わってなかったのかい!!って感じです^^;

 

とりあえずお昼ご飯・・とさまよい、
上本町の駅の近くまで行って、新歌舞伎座の入っているビルでご飯。

 

ちなみに絨毛検査時にはおしっこを貯めておかないといけなくて、ご飯中もお茶をがぶ飲み。
(膀胱の尿の量でやりやすさが変わるらしい)

 

3時くらいになったので、再びクリフムへ。

 

待合室に入ってビビりました。

午前中以上に人が増えている・・

どうやら、午前診察の人+絨毛検査を受ける人+午後診察の人が入り混じって待合室はいっぱい。

 

これ一体絨毛検査が呼ばれるのはいつなんだろう・・

トイレはそんなに長時間ガマンできないぞ・・

 

いつ呼ばれるのか、
そもそも今一体どの人の診察なのか(もしかしてまだ午前の人が終わってない!?)、
絨毛検査自体は進んでいるのか、
全く何もわからず超不安。

 

夫に、いつになるか分かんないし帰っていいよー・・洗濯モノ取り込みと晩御飯よろしく、と伝えました^^;

その後しばらく付き合って待っててくれたのですが、4時過ぎ、夫は先に帰宅。

 

はあ・・と待っていたら、4時半頃から急に絨毛検査らしき人たちが進み出しました!
(絨毛検査を受ける人は首から赤い紐の名札(診察番号)を下げているのです
 これは検査前から検査終了後、お金払うまでずっと下げておくようです)

 

もう少しかも!!

 

5時前になってやっと呼ばれて、お腹出して準備したら、ぷぅ先生が来た!

「どうですかー」

と聞かれ

「くたびれました・・」

と正直な感想を答え^^;

「今日は混んでるからねー、先週の木曜日は少なかったんだけどね!」

って、そうだったのか。
でも先週の木曜日は残念ながらまだ12週に入ってなかったんだよー(T T)

 

なんて言っているうちに、超音波で位置確認したと思ったら、
急に人が増え、真剣な雰囲気になった瞬間、
あれよあれよという間に数分で絨毛採取で終了~

 

待ち時間は長いけど、検査自体は早い^^;

 

名前と診察番号、私が首から下げている番号をぷぅ先生が5回くらい確認、
試験管ラベルを再度自分自身でも確認、これで終了。

あとは「やすらぎルーム」と名のつくお部屋でしばらく休憩です。

マンガ喫茶みたいに、ベッドとテレビがあって、仕切りで仕切られただけのお部屋です。

 

しかしここに5分おきくらいにドンドンやってくる^^;

絨毛検査の大量生産的に次々検査終了の方が休憩に入ってきます。

 

一体今日一日で何人絨毛検査するんだろう・・なんてぼんやり考えてました。

 

20分ほど経ったら、お腹のチェック。

携帯できる超音波エコー?みたいなのでその場でエコーです。

さすがに画像は荒いですが^^;

心臓がちゃんと動いているのをチェックして、本日やっと終了~

時計を見ると5時半。やっと帰られる・・

 

あ、ちなみに13・18・21トリソミーの結果はQF-PCR法とかいうやつで明日には出るようです。(早い!)

夫婦そろって聴く必要があるので、夫に「あした会社早退よろしく」と言い含め(笑)
(え。今日休んだ分の仕事があるんですけど。。と小声で何か言ってましたが無視^^;)
明日聞きに行ってきます!

 

結果は妊娠した時点で決まっているもので、今から祈っても仕方ない(それでも祈りたいが・・)
覚悟しときます!

あわせて読みたい

このカテゴリーの記事

RETURN TOP