おやこ

和歌山県那智勝浦1日目(潮岬灯台,最南端,ホテル中ノ島)

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

11月の3連休を利用して温泉旅行に行ってきました。
行き先は和歌山県の那智勝浦!

那智勝浦といったら、マグロ・ホェールウオッチング、ドルフィンプログラム・・・?
つーか、夏に行く方がいいのでは・・・と思ったりもしましたが、とりあえずはレッツゴーです。

結局遊びネタはあんまり考えず、温泉メインの旅行になりました。

和歌山県那智勝浦 温泉 潮岬灯台 和歌山県那智勝浦 温泉 潮岬灯台 和歌山県那智勝浦 温泉 潮岬灯台

 

途中で工事渋滞にあいながら、まず辿り着いたのは潮岬灯台です。
天気がいいから景色もバッチリ。

ただ2名ほど、高所恐怖症がいて、灯台の上ではビビリながら、本人たちは命がけで写真撮影をしておりました。(^ ^)

和歌山県那智勝浦 温泉 本州最南端

 

潮岬灯台からすぐのところが、本州最南端の印ポイント。
ただ広い空き地にようなところに、ポツンと最南端のシンボルがありました。
特にお土産コーナーがあるわけでもなく、ショップもないので、息抜きしたらまた出発!

和歌山県那智勝浦 温泉 浦島 中ノ島 和歌山県那智勝浦 温泉 浦島 中ノ島 船 和歌山県那智勝浦 温泉 浦島 中ノ島 船

 

夕方4時ごろ、やっと目的地である勝浦に到着。
ちなみに今回のお宿は初日がホテル中の島で、2日目が ホテル浦島
どちらも船で行くホテルです。
車はホテル指定の駐車場に止めて、大荷物を持って船に乗り込みます。

ホテル浦島の方はカメの船。
明日はあれに乗るのね・・と見ながら、まずはホテル中ノ島へ。

着いたのが夕方でしたので、とりあえず温泉に入ってすぐご飯!
温泉の楽しみはやっぱり温泉と食事ですよね~

食事は食堂ででしたが私たちは10人ぐらいのグループでしたので、ほぼ1部屋確保してのご飯でした。

チビの分はなしで私の分を分けましたが・・・
刺身・もずくと温泉卵の和え物・茶碗蒸し・天ぷら・栗ご飯と取られました(- -|||)
天ぷらなんか更に人の分までとり、2人前も食べてました。
なんだこの食欲は?

そんなにご飯を取られたら私の食べる分が・・・となりますが、まだまだ突き出し3種・煮魚・ミニ鍋などなどがありましたので以外におなか一杯。
これ1人で全部食べたらかなりのボリュームでした。

和歌山県那智勝浦 温泉 中ノ島 料理

 

ところでこっちの写真は、なんと和歌山まで来ておいて魚が食べれないという人の特別”肉”メニュー。
牛たたきに牛すき、角煮、焼肉などなど、まさに肉づくし!
天ぷらまでエビを抜いているという徹底振り。
(本人曰く、エビの天ぷらは食べるのに・・・とのことでしたが)
一人だけ肉メニューはめちゃめちゃ美味しそうに見える。
みんなで、え~肉いいなあ~とうらやましくなりました。

ホテル中ノ島の温泉は内湯と露天風呂とあるのですが、女性風呂の方は内湯にも露天風呂があるので、2箇所楽しめます。
よくあるホテル名入りの薄いタオルだけでなくて、バスタオル付きなのは便利。
更にお風呂に設置してあったドライヤーはナショナルのイオニティ!
これはgoodです!

さて、その日はとっとと寝まして、翌日。
次の日は日の出を見るところから始まります(^ ^)
次のページへGO →

 

  1. 和歌山県 那智勝浦 1日目 (現在のページ)
  2. 和歌山県 那智勝浦 2日目
  3. 和歌山県 那智勝浦 3日目

あわせて読みたい

良く似た遊び場

RETURN TOP