青葉山ろく公園でアスレチック

舞鶴の「とれとれセンター」で刺身・海鮮丼・寿司を食べるのをメインにお出かけですが、それだけだと子供もつまらないかも?ってことで、ついでにその近くにある青葉山ろく公園へ。

駐車場料金も公園への入場料金も何もかからないっぽいし、ホームページに「フィールドアスレチックがオープンします!」とあったのですが写真で見る限りちょっとだけだったので、ま、サラッと適当に遊んで帰るか~と気楽に行ったのですが、これが中々本格的なアスレチック遊具でした!

青葉山ろく公園は駐車場無料!公園も無料!

とれとれセンターから青葉山ろく公園まで車で30分かからないくらいかな?
ただ、公園の横に高校があって、ナビはここら辺指してるけど学校だぞ!?と入り口見つけるのにちょっとだけ迷いました^^;

なんとか青葉山ろく公園の入口につきまして、無料の駐車場に車を停めていざ。

とれとれセンターのついで、くらいに考えていたのに目の前に広がるアスレチック遊具を見てビックリ。意外とこのフィールドアスレチックが本格的!

子供はヒャッホー!ですが、こちらは聞いてないよ~状態。老体に鞭打って、後を追いかけます・・

まずは地上のアスレチック遊具「遊びの広場」

とりあえず公園に入るといきなりアスレチック的な遊具が並びます。小さい子はこのあたりだけでも十分かも?

舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック

これらのアスレチックをクリアしていくと自動的に山(丘?)の斜面に続く・・

「遊びの森」のアスレチックへ

そしてどんどんアスレチック遊具を進んでいくと自動的に小高い丘の上に続いていきます。斜面もアスレチックになってます。

舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック

裏手からはロープ遊具で登っていく感じになってました。

舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック

そして「遊びの森」の中のアスレチック遊具も盛りだくさん!まさかここまで本格的だとは・・

舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック

ロング滑り台は超滑る!要注意!

こんな感じで24個かな?様々なアスレチックが続きまして、そしてとどめのロング滑り台。
またこれが超滑る。

舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック 舞鶴 青葉山ろく公園 フィールドアスレチック

かなりの急斜面で、めちゃ滑って恐怖ですが、中途半端にスピードを緩めようと腕で突っ張って支えたりすると手の方が負けます。
子ども2人とも皮剥けたり、擦り傷(ヤケド?みたいなの)ができてしまいました。

その後学習したのか、2回目以降はぐっと恐怖をこらえて、万歳しながら滑り降ってました^^;

私も試しに滑ってみましたが・・・めちゃめちゃ怖かったです((((。iдi。)))

青葉山ろく公園の情報まとめ

青葉山ろく公園公式サイト:https://www.city.maizuru.kyoto.jp/kurashi/0000001213.html

フィールドアスレチック&よく滑るロング滑り台があります。

またそれ以外にも、パターゴルフや多目的グラウンド、スケートボードやインラインスケートができる場所、3on3バスケットのゴールあって、しかも無料で利用できます。

キャンプもできるみたいで、あちこちからバーベキューのいい匂い・・デイキャンプなどは団体利用以外は自由に使えるみたいです。(ただしキャンプ宿泊は大人600円、子供300円)

行った時にはかき氷屋さんがいましたが、基本的に何もないので、食べ物・飲み物フル装備で行くことをお勧めします。

ちなみにウチは青葉山ろく公園に行く前にとれとれセンターでご飯食べました。とれとれセンターについてはこちらにまとめてますのでどうぞ!