おやこ

歯科矯正を始めてみました

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

実は子どもの歯並びはよくない。ってことで歯科矯正を始めます。

歯科矯正を始める時期

そもそも歯科矯正っていつから始めるのかすら分からない私。
大人の歯が全部揃わないと意味がない?とか思って4年生になるまで放置していたのですが、ちょっと気になって調べてみることにしました。

すると、歯科矯正は始めるのが早ければ早いほうが良いっぽい。
幼児期(乳歯)の頃から、ある程度予測して始める場合もあるようで…

ただ基本的には矯正装置を理解できて、前歯の永久歯が出てきて歯並びが悪いことが明確になった8歳とか9歳あたりが第1の治療開始時期とするのが典型(?)らしく、おっと、まさに今ではないですか!?ということで早速歯科矯正を始めようと決意なのです。

歯科矯正の種類

歯科矯正といえば、歯にワイヤー(?)みたいなのをず~っとつけているやつ、というイメージだけ。
しかも結構なお値段がするという話だし。
(それで実は私も歯並び悪いけど貧乏だったので歯科矯正してもらえなかったし…)

調べてみると、顎を大きくする「床矯正」というものに出会った。
歯にワイヤーを巻くのではなくて、取り外し可能、着脱式の矯正装置を入れて歯が並ぶだけのスペースを作るために顎を大きくしようというもの。
ふむ~、歯科矯正にもいろいろあるんだなあ。

顎を広げるってゆったって、実際歯を並べるために必要なのなんてほんの数ミリの話。
「床矯正」にちょっと興味がわいてきました。

どっちにしてもきっと定期的に通院しないといけないだろうし、近所で、それでもって更にそれなりに歯科矯正の専門の歯医者がいいなあとネットを検索。

すると、以外に近所(自転車で5分くらい)に「床矯正」をしている歯医者があるじゃないですか!

さっそく診察を受けに行ってきました。

床矯正

非抜歯,着脱方式という床矯正。

とりあえず子どもの歯科矯正をする気持ちはあるので、あとはお値段。
先生に診察してもらうと、一応の治療期間の目安と料金をささっと記載してくれました。
見ると、治療期間2年、料金約20万円。
えー安い!?
歯科矯正って100万以上するものだと思っていたのに…
(ワイヤーを巻くやつは100万円以上かかるっぽい)

矯正装置は1日中つけてないとダメなんですか?って聞くと、そりゃ出来るだけ長時間付けていた方が早いけど、大人の人なら寝るときだけとかでも可能だそうで…

ちょっと待て、1日中つけてなくてよくって20万程度なら私もやる!
と急遽診察カード作って、一緒に並んで診察してもらいました。

さてさて、歯並びは治るかな~

あわせて読みたい

子育てブログ

RETURN TOP