おやこ

ミニ大阪(NPO大阪、こども盆栽)子どもが作る町

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

ミニ大阪(NPO大阪、こども盆栽)

GW後半2日目。5月4日みどりの日の今日は「子どもが作る町、ミニ大阪」というイベントに行ってきました。

「子どもが作る町、ミニ大阪」盆栽、「学歴関係なく、自己実現の達成を目指す場。個を育てる盆栽。」という団体が開催した子どものためのイベントです。

ミニ大阪(NPO大阪、こども盆栽)

子ども自身が街の企画をする街づくり体験イベント。
様々な仕事をして子どもの街だけで利用できる通貨”ボン”を稼いで、物を買ったりサービスを受けたりするという感じになっています。

大阪府立青少年会館で開催されるのですが、子どもの町には親は入れず、帰宅時間以外は子どもは「ミニ大阪」から出られないという仕組みらしいので、下のチビも安心して参加したのですが・・・全然出入り自由状態でした・・・

当日の参加受付の流れはしっかりされていたのですが、出入り口をちゃんとチェックしているわけではなく、セイも出放題。
また、ミニ大阪は場所を囲われていたのですが、囲っているのがビニールテープ(- -;)
せめて道路に直接出てしまうところはしっかり出入りできないようにしておくか、見張り担当者を置くとかしておいて欲しかったなあ。

ミニ大阪(NPO大阪、こども盆栽)

何はともあれ、稼いだお金で、食べ物屋へ。たこ焼き3個200ボンで購入。
かなり崩れてます(T T)
子どもが作るので仕方ないので気にしませんが。
とりあえず、失敗した~と作っている子ども達が結構食べちゃっているので、買うのが大変でした。
相当並ばないと購入できず・・・

ミニ大阪(NPO大阪、こども盆栽) ミニ大阪(NPO大阪、こども盆栽)

まきの感想としては、とにかく職安が大混雑で、仕事を貰うまでに相当時間がかかるので嫌になってしまったと。
あと、通貨”ボン”を稼いでも、サービスが少なめで使い道もなく、結局、5千ボンくらいは使わないまま持って帰りました。

もうちょっと子どもが楽しめるサービス系会社(ゲーム屋とか)も設立して貰えていたらな~と思いましたが、それも子どもの口から出てこないとだめなんでしょうけど・・・
ただ単発的なイベントだし、当日参加もいる以上、いくつか主催者から子どもが思いつかない店とかサービスをさりげなく置いて働き人募集中としてもらっても良かったかな~と思います。
あと、安全面はもう少し頑張ってくださいって感じで・・・小学生以上なら大丈夫でしょうけど。

とりあえず外だったのが暑かったです。
昨日今日と天気良すぎて、フラフラ。年寄りは太陽に浴びるだけで疲れが・・・

あわせて読みたい

子育てブログ

RETURN TOP