おやこ

アイススケート教室

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

なみはやドーム アイススケート教室

アイススケート教室に通ってきました。
行ったのは、なみはやドームの休日早朝コース。なんと、朝8:10からの教室です。

夜は塾があるので、早朝コースにしたのですが、朝早くからにも関わらず、沢山の人が来ています。
殆どが子供で、たまに大人の人も参加していました。

もともと、私と小5のまきの2名で申し込んでいたのですが、その日になって、
「せいもスケートする! (*`д´)ノ」
と言い出したので、急遽、当日朝に事務所によって、私の申込分をせいに交代してもらいました。
ということで、私は見てるだけ・・・

眺めていると、せいのようにチビッコはチビッコで集めて、次は小学生くらいのグループ、あとは結構上手に滑られるグループの大きく3グループに分かれてスケートのレッスンです。

チビッコグループは更に、スケートなんかやだ~メソメソグループと、一応氷の上に立てるもんねのグループと、ちょこちょと歩けるぞのグループに分けてました。

初日はメソメソしていた子達も、2回目、3回目となってくると、なんだかんだで、カラーコーンにつかまりながらもヨチヨチ歩いてました。

なみはやドーム アイススケート教室 なみはやドーム アイススケート教室

せいは一応立ったりできたので、真ん中のクラスだったのですが、如何せん、やる気が継続しない。
休憩にお菓子を食べる方が熱心。

ちょっと滑って、嫌になるとインストラクターの先生に
「せい、足痛いねん・・・(´Д`)」
(もしくは「転んでお尻が痛い」「ちょっとだるくなってきた」等々)
とかいって、先生に連れられてスグに戻ってくる。
「いや、ウソですから。」と先生にすぐに引き戻しましたが・・・
まったく。このサボリ魔め。まるで自分を見ているようだ(- -|||)

なみはやドーム アイススケート教室

まきはというと、これまた正反対の性格のようで・・・
途中で休憩時間が入っても、休憩もせずにひたすら練習。しつこく練習。

教室の時間が終わっても、まだやる!とやる気満々。

しょうがないから、教室終了後、そのまま一般受付に並んで再びスケート。
ちゃんと電車で帰られるよね!ってことで、私とせいは帰宅。
なみはやドームの前が地下鉄鶴見緑地線の門真南駅で、これが緑地線の終着なので、乗れば電車の方向は間違いないし、初めての1人で電車デビューにもちょうどいいか、とほったらかして帰りました。

ただ、一般開放の時間は人が多くて滑りにくいらしく、スグに帰ってきました。

特に日曜日は入り口付近に大行列が出来ている(グループや団体で来ている人がとにかく多い)し、のびのびスケートするなら、こういうスケート教室に入ったほうがよっぽどいいかも。

全4回の教室でしたが、まきも、最後にはちゃんと両足使ってスイ~スイ~と滑るようになりました。
(前までは片足でエイヤ、スイ~、また同じ足でエイヤ、スイ~って感じだった)

なみはやドーム アイススケート教室

最終日には国体の選手の模範演技も見せてもらったし、なかなか良かったです。
10人に1人くらいの割合で先生もついてくれているし、小さい子でもちゃんと見てもらえるし(一番滑れないメソメソチビッコは5人くらいに先生が1人つきっきりでやっていた)、ちゃんと滑りたいならスケート教室はお勧めかもです。

まあ、見てるだけの私は寒かっただけですが・・・
残念ながら、なみはやドームのスケートリンクは3月でお終いなので、また来年チャレンジですね。

あわせて読みたい

  1. お正月の帰省

    2007/01/02

子育てブログ

RETURN TOP