おやこ

膨らむ!簡単手作りパン(捏ねないパン、レンジパン)

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

何とか誰でも簡単に膨らむ、でも手軽で簡単レシピを考えようと悩み中。
うまく思いついたら本を出すぞ!

まあ、既に印税はあるのですが、数年に1度5,000円・・・
大体よほどベストセラーにならない限り、印税よりも、それに費やした時間と資料の購入費の方が高いような気もします。

それはさておき、パンの原理をいろいろ調べて、いくつか手順を変更しました。

基本はレンジ発酵ですが、普通のレンジ発酵ではグルテンが足りない気がしてきました。

多分、レンジ発酵は”発酵”はある程度いけていると思うのです。
でも捏ねないのでグルテンが全体的に不足していて、イーストがせっせと発酵しても骨組み(グルテン)不足でしっかり膨らまないのでなかなろうかと考えました。

一応今回は、

  • 材料の投入順を大幅変更
  • 捏ねてはいけないレンジパンですが、30回ほどモミモミするポイントを追加
  • 成形下手なのは普通の捏ねるパンでもダメなので、生地の扱いを頑張る

あたりを重要ポイントとしてパン作りしました。
材料と分量は変更無し。

手作り食パン レンジパン

材料の投入順ですが、グルテンを引き出すことに重点を置いてグルテン形成の妨げとなるものは後から入れるようにしました。

で、かなり生地を丸めることも頑張りまして、基本に忠実に、できるだけきれいにしました。
すると、1次発酵の時点で結構ぷっくりと生地がはりました。

手作り食パン レンジパン

ガス抜きして、丸く広げて、芯を作るように丸めてから、型へも、型のふちに多少押し付けるように生地を配置。
横幅も生地が伸びるゆとりを持たせてます。
今まで型にふんわりと生地を置いてましたが、実は生地は型へ押し付けることがミソらしい。

手作り食パン レンジパン

レンジ弱で1分加熱し、暖かい所で30分ほど経過すると・・・
型の半分以下だった生地がバッチリ膨らんでます。

あ、ちなみに1つはチョコ入りです(^ ^;)
型は食パン型(フタ付)キューブを利用。
7cm角の小さいかわいいパンが作れます。

チョコ入りはチョコを入れて丸めるのに時間がかかっていたので、その分ふくらみがまだ足りてません。
普通の食パンの方からオーブンへ入れ、チョコ入りも型の9割がた膨らんでからオーブンで焼きました。

手作り食パン レンジパン

で、焼き上がりがコレ。
私の中ではかなりバッチリの出来です。
チョコが寄っているのは見逃して(^ ^;)

チョコパンはちぎって食べる用なので、適当にカットしただけですが、普通の食パンの方はスライサーを利用して切りましたが・・・
柔らかすぎて切れませんでした。
この柔らかさはダブ○ソフトか!?と自画自賛。

強力粉とドライイーストも「ゴールデンヨット」に、イースト臭が少ない「サフ インスタント・ドライイースト金」に変更したので味もかなり違う。おいしい。

今回、いくつかの手順を変更しているので、一体何が原因できちんと膨らんだのかを改めて探さないといけないです。
ってことは、3個の変更点を戻して、1つずつ試してみないといけないなあ。

そもそも、小麦粉も「ゴールデンヨット」以外でもいけるのかどうかも試さないといけないし。

ちなみに、「ゴールデンヨット」「サフ インスタント・ドライイースト金」の組み合わせて、いつもの手順でも事前にパンは作りましたが、その時は味の違いだけであんまり膨らまなかったので材料の問題でないことは確か。

う~む、レシピとして昇華するまでには長い道のりです。
しかも、週に1回しかつくんないし・・・

あわせて読みたい

子育てブログ

RETURN TOP