おやこ

ぶどう狩り後のぶどうジュース作り

  • 最終更新日:

この記事は1分で読めます

味覚狩りは楽しいのですが、その後の収穫した食物の処理が結構大変だったりしまして・・・
葡萄狩りはぶどうのお土産付きだったのですが、こんなに一度に食べられるわけがない。

しかも家で誰が皮を剥いて種を出してまで食べるのであろうか・・・
いや、そこまでしておけば食べるだろうケド・・・

ということで、貰った葡萄は全てぶどうジュースに変身。
葡萄ジュースの作り方~

ぶどうジュースの作り方

全部房から外して、ざざっと洗います。
皮は剥かずそのまま。
今回3房分です。

ぶどうジュースの作り方

ひたひたのお水で煮込みます。
沸騰させない程度に、アクを取りながら15分くらい。

ぶどうジュースの作り方

15分たったら、漉し器で漉します。
押しつぶさないように、自然に滴り落ちるのを待ちます。
その後ふきんで漉しましょう。細かい澱みがあるので。
甘さが足りなければ少しグラニュー糖を加えても。

ぶどうジュースの作り方

冷やして出来上がり~
濃いようなら薄めて飲んでね!
葡萄3房でコップ4杯くらいのジュースになりました。
一応1週間程度で飲み干すべし。

うーん、以外と簡単でおいしい(^ ^)
と思ったのに、誰も飲んでくれない!!

「ほら~、あんたが取った葡萄のジュースやで~天然果汁100%よ~」
とせっせと進めても
「いらんわ!」
というお返事・・・

結局1人で全部飲みました。
手作りだからそんなにもたなし・・・

サイダーで割ったらファンタグレープになるのかな?
(ファンタグレープは無果汁だけどね)
やってみればよかった。

あわせて読みたい

子育てブログ

RETURN TOP