おやこ

エコとは?

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

何だか最近エコ・エコ・エコですよね。
エコカー減税やらエコポイントやら、何が何でもエコにしないといけないみたいで。

まあ、光熱費が抑えられる技術の開発に伴う電化製品の向上についてはよいと思うのですが・・・
電化製品は元々数年で買い替えですしね。

未だに納得できないのがゴミの分別。
燃えるゴミと燃えないゴミ、プラにポリに缶・ビン・資源ゴミって何よ~な感じです。

まあ、缶とビンを分けるのは何となく分からないでもないです。

で、燃えるゴミと燃えないゴミって?
魚のトレイはプラの日だけど、納豆のパックは燃えるゴミって?(燃えないゴミだっけ?)
全部まとめて燃やさんかい~と思います。

分別するってことはゴミの日が増えるってことで、そこにかかる人件費やらゴミを処分・リサイクルするに当たってかかるコストやらは本当にエコなのか? って思います。
人件費はようは税金であって資源じゃないので余分に掛かっても構わないのでしょうが・・・

あと、とっても疑問なのがエコバック。
さもスーパーで貰える袋が社会悪みたいな扱いを受けていますが、間違ってますよね~

私もそうですが、スーパーで買い物した時貰う買い物袋はその後ゴミ袋として「リユース」しませんか?
このリユースには何のコストもかからない、まさに右から左でとってもエコだと思うんですけどね。

そうにも関わらず、わざわざ別途コストをかけて作ったゴミ袋を買って使えってことでしょ。
もしくは資源ゴミになる新聞紙などで生ゴミ包んで燃えるゴミとして出せと?

おかしいと思いませんか?

レジ袋はほぼ使い捨てであり耐久性を考えないポリエチレン製で、エコバッグは何回も使えるようしっかりとポリエステル製にてできています。
何かの話ではエコバック1つでレジ袋何万枚にもなるとかならないとか?
更に専用のゴミ袋も石油製品なので、レジ袋を使わずエコバックと専用ゴミ袋を使っているのではどこがエコなのかサッパリというわけです。

まあ、スーパー側から見れば、タダで袋を配るよりも、このレジ袋コストをエコという名の元カットし、その分ゴミ袋を売りつけ、更にはエコバックも売ることで、マイナスがなくなってプラスの売り上げが増えるという2重に美味しい技なのです。

レジ袋に反対なら、エコバッグなんてものに踊らされず、1度貰ったレジ袋をとことん使い果たすか、紙袋もしくはカゴを持って行けばよいのでは?
「エコバッグ」という商品を買わなくても、家に旅行用のバッグでもなんでも、何か入れ物あるでしょ~

テレビも暇があったらエコな特集をやっていたりします。
放送時間の間中電力を使い、更に視聴者からFAXでどんなエコをしているか募集をして電力コストを上げています。 FAXなのでもちろん紙の資源も大量に放出しています。
本当にエコを目指すならその時間番組を放送しない方がよっぽどエコな気がしますけどね・・・

エコとゆっときゃ間違いない!みたいな感じでちょっとウンザリです。

私はゴミの分別はとってもいい加減ですが、テレビはあんまり見ないし音楽も聞かないしゲームもしないし、マイ割り箸を持ち歩くほど外食もしないし、暇があったらゴロゴロしてるし、水分補給も少なめ(不健康だ!)で汗もあんまりかかないから着替えも少ないし、エアコン嫌いでつけないので実はとってもエコな人間!? と思ったりするのですがどーでしょう(^ ^;)

あわせて読みたい

  1. 緑化まつり

    2010/10/17

子育てブログ

RETURN TOP