おやこ

木下大サーカス

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

木下大サーカス 伏見桃山公園 木下大サーカス 伏見桃山公園

木下大サーカスを見に行ってきました!

私自身もサーカスって人生初です。

今までも木下大サーカスの優待券やら割引券やら手に入ることはあったのですが、それ程興味もなかったので全然行ってみようとも思わなかったのです。

だって、サーカスってそんなに繁盛しているものなの!? っていう疑問がありまして(^ ^;)
こんなに優待券やら割引券やらを配りまくっているってことは、かなり人気がないからではと思い込んでまして、わびしい客席に向かって、やつれたトラとかゾウとかが演技をしているのを見たら寂しくなりそう・・・とか思っていたのです。

ま、今回、結構近くで開催されていること、地区でお得な割引券がもらえたことと、子供が行ってみたいというので、初サーカスとなったわけです。

で、よくチケットを見てみると、自由席と指定席があるようで。
しかも指定席って800円から2,000円で種類がある。

なんせ、サーカスなんてガラガラと思っていたので指定席なんていらないのではと思ったのですが、ステージ真正面は指定席の設定しかなく、自由席はステージを横からしか見えない位置になっているようです。

更に、あちこちブログを読んでみたら、自由席の椅子には背もたれがない、ただの硬い長椅子らしく・・・

それはイカンと指定席を取ることにしました。

ローソンで取れるようなので、行こうと思っている3日程前にロッピーで見てみると・・・すでに指定席売り切れ!

「サーカスはガラガラでお客少ない」と思い込んでいた私は目が点です。

えぇ~と思って、別の開園時間帯や1週間後の日程で見てみても、取ろうと思っていたA席やロイヤルブルー席は満杯。
かろうじて、1週後のロイヤルイエロー席が取れたので、それで行くことにしました。

ちなみに、A席がステージに一番近い真正面、ロイヤルブルーはその後ろ、ロイヤルイエローはロイヤルブルーの後ろか脇という設定です。
B席とC席はA席の脇で、ステージに近いのはA・B・Cのみ。
ロイヤルイエローの後ろが特別自由席(座席指定ではない)で、更にその両サイドが自由席となっています。

むむむ・・・空いていると思っていたのは間違いだったのか・・・

さて、当日。
日の変更を余儀なくされた上に、1時開園なんていう、一体何時にどこでお昼を食べたらいんだ、な時間です。

今回木下大サーカスのある伏見桃山城近くには何もありません。
どっかでマクドでも買って現地で食べようかとも思ったのですが、駐車場の混み具合も心配だったので、12時着をめざして、結局11時に家でご飯食べて行きました(- -;)

木下大サーカス 伏見桃山公園

駐車場はまだそれ程混雑していなかったのですが、サーカス入り口を見てビックリ。
行列ができていました。

自由席の列と指定席(特別自由席)の列に分かれて並ぶようになっていて、まあ、私達は指定席なので並ぶ必要はないのですが、とりあえず指定席の列に並んで待つことにしました。

入場券と指定席券とあわせると、1家族で1万円は超えますので、行列を見ながら、1万・2万・・・と数えていくと・・・う~ん、意外と儲かっていそう?
平日はそれほどでもないのかな?

ちなみにお菓子の販売店やフライドポテトなんかが売っているお店が出ていてこちらも大混雑。
自販機は20円増しの料金設定でした。

やっと前の公演が終わって中に入れるようになり、入ると中にも売店ありました(- -)
わざわざ混んでいるところで買う必要なかった・・・

もちろんトイレも多く設置されてます。(仮設トイレだけど洋式でしたよ)

さて、今回の席を確認してみると、ロイヤルブルーの脇で結構前の席でした。
いいかも? と思ったけど、微妙に柱がジャマな位置でした(T T)

一生に何度も行かないんだったら、一番高いけど、絶対A席のがいいかも~と思いました。
A席は子供用に座った時に高さを調節するクッションもあるし、本当にステージにかぶりついて見れるくらい近い席です。

さて、木下大サーカスは撮影禁止です。

フォトコンテスト中だったら、申し込めば撮影OKになるのですが、残念ながら今回のフォトコンテストはすでに先月で終了していてダメでした。

で、肝心のサーカスの感想ですが・・・

ん、まあ、面白かったかな。

途中で1度15分ほど休憩が入りますが、それ以外はぶっ通しでずっと何らかの演技が続くので、すごいなあと思いました。
1つの演技が終わると、ピエロさんがでてきて楽しませてくれ、その隙に後ろでささっと次の準備をしてすぐさま始まります。

足袋を履いた女性が、吊るした長い竹を渡る演技では、あ・今のって落ちたの!? なんて場面も。
演技なのかまじめに落ちたのか分からない・・・
だって私達みたいにボテッと落ちるのじゃなくて、スルリと落ちたので・・・
まあ、でもあれは足を踏み外したのかなあ、やっぱり。
あ、ちゃんと脇には黒子さんみたいな男性が常に下で待機していたので、大丈夫。
竹の動きに合わせて、常にサポートしていたので、難しい技だったんでしょうね。

トラやライオンの猛獣ショーでは「火の輪くぐり」が見られるかと思ったけどなかった・・・
後ろにそれらしき輪っかが置いてあったので、今か今かと思っているうちにライオンさんたちは退場してしまった(- -;)

2時間の公演でしたが、かぶりつきで見ていたのは前半だけかも。
後半は少し疲れてきたというか、お腹いっぱい状態というか・・・
(私は映画も2時間モノは持たない・・・90分くらいが丁度いいタイプなので)

でも、子供はしっかり見てましたよ。
子供には何が危険で何が難しい技なのかがイマイチ ピンとこないんでしょうね、分かりやすいピエロがお気に入りだったみたいです。

木下大サーカス 伏見桃山公園

サーカスが終わって、ついでに見たことのない伏見桃山城を見物。
ちなみにこのお城は中には入れません。
外から見るだけ。

隣り合っている北堀公園?には滑り台とかもあるみたいですが、イマイチ場所の配置が分からず今回は寄らずに帰りました。

あわせて読みたい

  1. 緑化まつり

    2010/10/17

子育てブログ

RETURN TOP