おやこ

ご飯を鍋で炊く(IHヒーターのラジエントでみすずご飯鍋)

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

ご飯鍋

みすずご飯鍋が着ました~

大きさは確認したとおり、IHのラジエント部分においても邪魔にならないサイズです(^ ^)

まずは、使い初めに小麦をを少し入れた水を沸かしたり、おかゆを作ったりする必要があるらしいです。

今回は小麦粉水で一煮立ちしました。

さて、いよいよ本番。
3合のお米を入れて、600mgの水を入れてしばらくおきます。
お米に水分を吸収させておくのです。

その後、蓋を閉めて炊き始め、3合なら強火で15分(シュッシュと湯気が出てから約3分)で火を止めて20分蒸らせば出来上がりと説明にはありました。

さて、これは当然ガス火での話。

強中弱の設定しかできない、何気にパワー不足のIHのラジエントヒーターでそのままうまくいくのか!?

ラジエントヒーターにおいて「強」で15分・・・うんともすんとも??
「強」のまま20分・・・まあ湯気が多少でているかな??
もうちょっと加熱しとこ・・・とチビチビ時間を延ばし続け、結局25分間「強」で炊いていました。

で、出来上がりはこれ。

ご飯鍋 ご飯鍋

イマイチ、色艶にかけるような・・・
そこの方は少しおこげになってましたが、まれにもう少し炊きたいかも、という米が混ざっていました。

う~ん、やっぱりラジエントヒーターじゃ火力が弱いのかなあ。

どうも炊きムラがあるようなので、中間地点で一度かき混ぜるようにしました。

かき混ぜるというアイディアは仕事術スペシャル Part3|徳岡流「ご飯の炊き方」で見て。
プロがやる技なら問題ないでしょうってことで。

その上で何度か試してみて、1.5合の場合は12分だと不足気味、16分だと焦げ付きあり。
3合では22分では不足気味、25分では焦げありですね~

目指すはおこげなくきれに炊けたご飯の時間!
なんせ火力は「強」だけですから、時間さえ把握できれば問題ないはずですが、ラジエントヒーターにあったちょうどいい時間を探すのに手間取りそうです。

手っ取り早く、カセットコンロでも買おうかな・・・
それか土鍋でなくステンレス鍋で炊くか・・・
さっきの仕事術スペシャルの「ご飯の炊き方」では家庭でならアルミかステンレス鍋がいいとあるしね。

とりあえず悔しいので、もう少し土鍋でがんばってみます。
焦げてたり、炊きムラのあるご飯が続く家族の皆様には申し訳ないですけど(^ ^;)
捨ててもいいなら、一気に何度でも試すけど、それはもったいないからね~

しかし適当な分量でもムラなく炊き上げるIHジャーは賢いんだなあと改めて思いました

あわせて読みたい

  1. お餅つき

    2009/12/30

子育てブログ

RETURN TOP