おやこ

円錐切除術後、子宮全摘手術へ

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

妊娠中に見つかった子宮頸がんCIN3(高度異形成or上皮内がん)で産後2ヵ月目に円錐切除術をしました。

で、2週間後の術後検診で、その切り取った端っこに異形成があったと聞きました。

切り取った端っこにあるってことは、まだ切り取れてない可能性もあるってことで、
傷口が完全に治った後、3ヵ月後くらいに改めて再検査しましょうということで検査したら
結局まだCIN3だとさ ┐(‘д’)┌

もう1回円錐切除するか、もう子宮全摘するかを判断することになりました。

 

円錐切除術であれば前回同様2泊3日ですみますが、
前回術後1ヵ月間の出血が非常につらかった!!

なんせ切り取った跡は一応縫うとはいえ基本ほったらかしみたいなもの。
自然と傷口が治るまでダバダバ出血しました。
(産後よりひどかった!)

 

子宮全摘の場合は入院期間が7~10日と長くなりますが
実は術後の出血はほとんどないそうで。
しかもその後もう再発の危険性もない。子宮関連の病気ともオサラバできる。

4人も産んだし、すでにいい歳だし、もはや子宮に何の未練もありませんが、問題は入院期間。

一番チビは今生後6ヵ月。
そろそろ人見知り、後追い(ただしハイハイできないので叫ぶだけ^^;)の時期で日々べったりな状態。

寝かすのも基本的に私しかやっていないのに、
1週間も入院して大丈夫なのか・・!?

 

と悩みましたが、結局子宮全摘することにしました。

担当医師も
「ま~、とっちゃっていいんじゃない?」
みたいな感じだったし。

何より、円錐切除術後の出血はかなり鬱だったのだ・・orz

 

また時期的にも今回夏休み期間になるので、今のうちにって感じで。

 

今度はある程度高額になるだろうし、あらかじめ限度額認定証をとっておきました。(申し込んで数日で発行されました)
これで支払額は限度額までとなります^^

 

あとは病院でやることないのでブックオフで古本買い込み、
あとは今まで普段使わないしなあ~で買ってこなかったノートPCを購入しました。

 

病院にいると時間の流れが下界と違ってゆったり過ぎるのですよ。

看護士さんの「じゃ、先生また後で来ますので~」は早くて30分後、下手したら数時間後なんてのは当たり前。(入院してるんだし、1日中いるんでしょ?ってことで常に後回し・・)

1日中エアコンの中でパジャマ着て、何度も体温・血圧計って、あとは見渡す限り病人ばかり。

いるスペースはカーテンに囲まれた狭い範囲でベッドとサイドテーブルのみ。

 

こんなところにずっといると脳みそが溶け出すよ!
クラクラして病状悪化しそう!

 

なので、できるだけ俗物と繋げるものはあった方がよいと思います^^;

 

あ、ちなみに月曜日が手術日なのですが、となると入院は金曜日だそうで。
(平日しか入院受付しないとか、なんだよ、そのお役所的仕事!)

 

金曜日は麻酔科で最終確認だけして、

「あとオペの担当看護師からの挨拶がありますが・・これが遅くなりますけど・・」

とのことだったので、「え、別にいいなら特に不要ですけど・・」ってことでパス。

ま、数ヵ月前に手術したばかりだし、っていうかどうせ顔と名前覚えられないし、麻酔中は寝てるし手術中のことは任せるよ!

その後、一時帰宅で日曜夕方まで自宅に戻らせてもらうことにしました。

 

日曜日に病院に戻って、最後のお風呂にご飯。

お風呂は2日間×、ご飯も手術日と翌日お昼までは絶飲食。

 

前回の円錐切除術の時はOS1は飲んでもokだったのですが、
今回は腹腔鏡での手術。胃やら腸がタポタポしてたら邪魔ってことで完全に絶飲食(´Д`;)

浣腸して、さらに下剤、また翌朝も浣腸して完全に空っぽにするそうです。

 

手術中は家族がいることが必須なので夫を呼びまして、さあ、とうとうン十年付き合ってきた臓器の1つとお別れだ!

あわせて読みたい

子育てブログ

RETURN TOP